電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手県水産技術センター 無基質採苗の芽落ち克服

新聞記事

岩手県水産技術センター 無基質採苗の芽落ち克服

2016年12月05日

円形水槽(アルテミアふ化槽)でエアレーション、海水掛け流しで育生する無基質採苗のワカメ

 三陸のワカメ種苗が不足気味となる中、岩手県水産技術センターが研究を進める無基質採苗、育生が注目される。フラスコで保存、培養した配偶体から100日余りで2~3センチの葉に成長させ、養殖ロープに挟み込めるサイズまで陸上で管理する技術。この採苗でネックとされていた芽落ちを克服した。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る