電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 道産激減 25万トン台か

新聞記事

道産激減 25万トン台か

2016年10月24日

 北海道内における今年のホタテ水揚量は、シケ被害などの影響で25万トン台に落ち込む見通しだ。玉冷、ボイルとも製品価格は高値基調。輸出停滞で下方修正したものの昨年来のペースにはほど遠い状況。依然として国内消費も伸び悩んでいる。来年の水揚量も低水準とみられ関係者らの不安が一層強まる中、今後の流通対策などを道漁連の大谷内優営業第一部長に聞いた。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る