電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > ひやま スケソ延縄からのイカ釣転換船 出そろう

新聞記事

ひやま スケソ延縄からのイカ釣転換船 出そろう

2016年10月17日

前浜で操業するかもめ丸(上)と第二十一昌栄丸

 ひやま漁協(工藤幸博組合長)のイカ釣り転換船12隻が10月に全船出そろった。最新鋭の漁労設備を搭載して生まれ変わり、水揚げ拡大と高鮮度出荷に全力を注いでいる。流通・販売では活イカや活じめ出荷、「朝出し」など高付加価値化への取り組みも実施。収益を確保できる操業体制を目指す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る