電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > ぎょれんが青年部の意識調査

新聞記事

ぎょれんが青年部の意識調査

2013年05月20日

 道漁協青年部連絡協議会の設立50周年を記念し、ぎょれん指導教育部は「全道漁協青年部員意識調査」を実施した。資源を守るためには「自ら資源管理をすることが重要」が53%と最も多い意見だった。

 海洋環境を守るための問題点は、「地球規模の汚染、地球温暖化」が60%と多数を占め、続いて「海への排水など日常的な汚れ」42%、「河川改修や護岸工事による河川環境破壊」27%と続いている。
 調査対象は全道71漁協の青年部員2657人から無作為抽出で選定した400人。昨年6~7月に調査し、回収率は69%だった。

※記事の詳細は週刊水産新聞紙面をご覧ください。

(2013年05月20日付)

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る