電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 志津川湾 「あまころ牡蠣」量産へ

新聞記事

志津川湾 「あまころ牡蠣」量産へ

2016年09月26日

今年6月、首都圏のオイスターバーで本格デビューをアピールした「あまころ牡蠣」

 宮城県志津川湾の「あまころ牡蠣」は天然採苗で好付着が確認された。来季計画の10万個生産に向け、早ければ月内にも採苗分散。最大の課題となる安定採苗をクリアする。シングルシード(一粒種)養殖で未産卵の生食向け殻付として付加価値を高めて出荷し、事業化初年の今季は6月に約2万7000個を販売した。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る