電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 大量へい死の噴火湾8単協/台風10号被害と合わせ国に支援要請

新聞記事

大量へい死の噴火湾8単協/台風10号被害と合わせ国に支援要請

2016年09月05日

 噴火湾全域で発生している耳づり貝の大量へい死を受け、噴火湾8単協は近く、国に対し支援要請を行う。また8月末の台風10号で養殖施設が被災しており、復旧に向けた支援要請も合わせて行う考えだ。ことしは稚貝の成育が悪く、耳づりした本数は昨年より少ない中、原因不明のへい死が湾全域で大量に発生。来季の出荷量は、半減したことしの5万トンから、さらに半減する可能性も否定できない深刻な状況に陥っている。このため、へい死の原因解明に向けた調査や漁業者の運転資金などに対する融資を道、道漁連とともに要請することを決めている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る