電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 陸奥湾ホタテ新貝/順調に終盤へ好成長で出荷ずれ込む

新聞記事

陸奥湾ホタテ新貝/順調に終盤へ好成長で出荷ずれ込む

2016年09月05日

新貝の出荷作業。好成長で水揚げがずれ込んだ(8月22日、稲生漁港)

 青森県陸奥湾で7月に始まった新貝の出荷が終盤に入った。昨季同様にへい死が少なく好成長。現時点の水揚げは大半が平内町漁協で、9月前半までに終漁する予定だ。
 耳づりの新貝出荷は7月に始まり、例年8月中旬ごろに終えるが、ともに好成長だった半成貝の出荷がずれ込んだことも影響し9月まで続いている。出荷量は1軒当たり日産1トン程度だが、ことしは北海道の減産で引き合いが強く無制限となり、多い漁業者は4、5トンを出荷している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る