電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > おぼろ昆布とろろ昆布手すき職人減少に歯止めを  昨年、養成所を開設

新聞記事

おぼろ昆布とろろ昆布手すき職人減少に歯止めを  昨年、養成所を開設

2016年09月05日

 おぼろなど手すき職人の減少・高齢化が進む中、堺市の(株)郷田商店は昨年、新たな担い手を育成しようと「手すき昆布職人養成所」を開設した。同社職人3人が交代で指導し、ことし2月に1期生5人が約1年間の課程を終え卒業。4月から2期生1人が技術習得に励む。郷田光伸社長は「職人育成と併せて、手すきの価値を認めてもらえるようPRしたい」と意欲。大阪の食文化を支えてきた伝統技術を後世へと継承していく。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る