電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > えさん日浦と尻岸内の養殖 冬脱落も補殖で回復

新聞記事

えさん日浦と尻岸内の養殖 冬脱落も補殖で回復

2016年07月25日

早朝から行われている促成マコンブの水揚げ(21日、大澗漁港)

 えさん漁協の養殖はミツイシの生産が終了、促成マコンブの水揚げ・製品化を進めている。日浦と尻岸内は1月の低気圧で大幅に脱落したものの、補殖(予備のコンブ)などで復旧。両地区の部会長は「昨年並みの数量になるのでは」と予測する。一方、全般的に穴開きが例年より早く発生。2番切りがとれず、「減産見通し」という浜もある。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る