電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手県/養殖干しコンブ3~4割減か

新聞記事

岩手県/養殖干しコンブ3~4割減か

2016年07月04日

重茂漁協音部地区の本干し向けの洗浄、すそ枯れ除去作業(6月28日)

 岩手県の養殖干しコンブは減産必至だ。6月20日ごろから収穫が活発化したが、1月のシケ被害とその後の水温上昇によるすそ枯れの進行で、終漁が早まりそうだ。昨季に比べ、生産量の多い重茂漁協は素干しが半減、本干し(干し)が77%と予想。県漁連でも「素干し、本干し合わせ3~4割減」(北部支所)とみている。素干しの初入札は15日。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る