電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 寿都の定置/ヒラメ半減 ホッケも低調

新聞記事

寿都の定置/ヒラメ半減 ホッケも低調

2016年07月04日

前年より小ぶりなホッケ(28日、有戸漁港)

 寿都町漁協の定置網はヒラメの水揚げが振るわない。ホッケも低水準だった前年より盛り返したものの、依然低調な水揚げが続いている。
 6月27日現在で6カ統が操業。ヒラメの水揚げは1月~6月27日現在で数量が前年同期比56%減の8.5トン、金額は同47%減の635万円、キロ平均単価は同27%高の742円。
 また、前年大不漁だったホッケは数量が同19%増の168トン。金額は同24%増の2873万円、キロ平均単価は同11%高の171円。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る