電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城県漁協 ホヤ5000トン強、埋立て処分へ

新聞記事

宮城県漁協 ホヤ5000トン強、埋立て処分へ

2016年06月06日

最悪事態の回避に期待がかかる養殖ホヤの水揚げ(5月、石巻市)

 宮城県漁協は今季水揚げ対象となる養殖ホヤについて、東京電力への賠償請求方針を固めた。福島第一原発事故を理由にした韓国の輸入規制が解除されず、生産が回復するホヤのうち5千㌧強が水揚げできないと危惧されていた。この分を埋め立て処分することで市町と対応を協議し、東京電力に対し、震災前の韓国輸出向け出荷価格を参考に補償を求めていく。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る