電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手県南部のホタテ 採苗、必要量確保か

新聞記事

岩手県南部のホタテ 採苗、必要量確保か

2016年05月30日

 岩手県南部のホタテ採苗は、浮遊幼生(ラーバ)の付着が確認されつつあり、必要量を確保できそうだ。吉浜漁協では幼生観測から難しいと思われたが、1袋当たり400~700個の付着となっている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る