電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手県塩蔵コンブ第2回入札 減産懸念で高値

新聞記事

岩手県塩蔵コンブ第2回入札 減産懸念で高値

2016年05月30日

第2回入札で品質を吟味する買受人

 岩手県産湯通し塩蔵コンブの第2回入札が20日、大船渡市の県漁連南部支所で開催された。2535箱(1箱15キロ)が上場、主体の長切1等は10キロ当たり4055~3000円で落札。昨季の1.5~2倍の高値で、減産懸念が主な要因だ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る