電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城県のホタテ 女川でへい死増加

新聞記事

宮城県のホタテ 女川でへい死増加

2016年05月23日

 宮城県女川町でホタテ半成貝新貝の水揚げが一足早く活発化し、へい死や変形の増加が確認され懸念が深まっている。北海道日本海側から昨秋移入、耳づりし、大半の産地の貝が耳づり当初に死滅したり変形につながったとみられている。連ロープによっては垂下の半数に及び、これまでにない事態のようだ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る