電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 寿都・佐藤漁業 寿かき20年の創意と工夫

新聞記事

寿都・佐藤漁業 寿かき20年の創意と工夫

2016年05月16日

重量選別機での選別作業。作業時間短縮や労力軽減につながった

 寿都町漁協のブランド「寿かき」がことしで20年目を迎える。歌棄地区寿かき部会発足時から部会長を務める佐藤正幸さんが代表の有限会社カネショウ佐藤漁業では、シケの多い日本海で脱落被害を防ぎ安定生産を図るため、養殖法を工夫。選別の機械化も進め、作業の効率化を図る。美谷漁港でカネショウ佐藤漁業の水揚げを取材した。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る