電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > いぶり噴火湾加工貝1万2000トン前後で終漁へ

新聞記事

いぶり噴火湾加工貝1万2000トン前後で終漁へ

2016年03月28日

 いぶり噴火湾漁協の加工貝(2年貝)出荷がほぼ終漁した。今季は当初計画を2400トン下方修正し1万2200トンに変更。出荷中の漁家も4月上旬の終漁見通しで、同漁協では修正計画に近い最終実績を想定している。
 昨年11月ごろから目立ち始めたへい死の影響で今季の出荷量は昨季より約7千トン減産の見込み。現時点の出荷量は1万1千トン程度。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る