電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 森を守り海を豊かに―本紙100年キャンペーン― > 日高地区女性連部員らが道民の森で植樹

新聞記事

日高地区女性連部員らが道民の森で植樹

2005年06月13日

日高地区女性連のメンバーら。植樹の後、記念撮影に収まった

スクスク育ってほしい。苗木を植える子どもたち

 道漁連は4日、石狩管内当別町の道民の森にある「お魚殖やす植樹運動記念の森」で毎年恒例の植樹を行い、日高地区女性部メンバーらがミズナラなど約900本の苗木を植えた。

 記念の森での植樹は今年で8年目。各地で行われている漁民による植樹運動のシンボル的行事。女性部をはじめ、信連など漁協系統関係者、コープさっぽろ環境・みどりグループ員、JA道中央会、道新が募集した札幌近郊の小学生ら多数が参加。


 植樹に先立ち日高地区女性部会長の住岡操さん(様似漁協女性部長)が「小学生の皆さんも参加いただいていますが、植樹を通じて空気の浄化や保水など地球の生命を支える木の力の不思議さを感じ取ってください」とあいさつ。

 空知と石狩の森づくりセンター職員の指導を受けながら急斜面で植樹に汗を流した。この日は、ミズナラのほかイタヤカエデとハルニレの苗木をそれぞれ300本ずつ植えた。道漁連環境本部の吉田東海雄事務局長も一本ずつ丁寧(ていねい)に植えていた。

※記事の詳細は週刊水産新聞紙面をご覧ください。

(2005年06月13日付)

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る