電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 札幌こんぶ屋・桑折代表に聞く/昆布巻需要喚起のポイント

新聞記事

札幌こんぶ屋・桑折代表に聞く/昆布巻需要喚起のポイント

2016年03月14日

 日本の伝統料理の一つで、おせちの定番として親しまれる昆布巻き。しかし近年は若者を中心に需要が減退、消費が苦戦している。その中で、昆布巻き主体の製造販売を手掛け、ことしで40年目を迎える札幌こんぶ屋は、創業当初に比べ販売量を伸ばしている。「昆布を食べる後継者をつくる」を信条とする桑折廣幸代表に需要喚起のポイントなどを聞いた。
 少人数世帯が増え、他食品同様、昆布巻きに関しても太巻きなど大きなサイズは1度に食べきれず敬遠されやすい。やはり消費者が手に取りやすい少量食べきりの手頃価格が良い。うちは需要期の12月のみ全体の2割ほど太巻きを作るが、それ以外の時期は小サイズの2本1袋が主体だ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る