電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城県 ホタテ水揚げ激減

新聞記事

宮城県 ホタテ水揚げ激減

2016年02月15日

半成貝出荷の早めの減少で存在感が高まる寺間・出島地区の地種新貝の水揚げ(昨年3月)

 宮城県産ホタテの出荷がこれからさらに減る見通しだ。北海道産半成貝の移入養殖の終漁が早まって2月末ごろまでにめどがつき、端境期を迎える。中部の女川地区の地種新貝に期待がかかるが、数量が限られる。昨秋の移入が遅れた半成貝の成長によっては、4月中旬ごろまで1日数トンにとどまる可能性がある。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る