電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 鹽竈神社「献上のり」/千葉・三浦両氏に栄誉

新聞記事

鹽竈神社「献上のり」/千葉・三浦両氏に栄誉

2016年01月18日

優勝した千葉眞澄さん(右)と準優勝の三浦一郎さん

 宮城県塩竈市の鹽竈(しおがま)神社で11日、皇室への「献上のり」の栄誉を競う「奉献乾海苔(ほしのり)品評会」の表彰式が開かれた。県漁協塩釜市浦戸支所の千葉眞澄さん(74)が優勝、矢本支所の三浦一郎さん(55)が準優勝に輝いた。千葉さんは「のりを作って50年ちょっと、一度は優勝したいと思っていた」と喜んだ。
 品評会は、鹽竈神社の新年恒例の催しで68回目。県漁協の9支所(15地区)から113点が奉納、出品された。県漁協などが色、つや、香りを審査し、1等賞6点なども含め76点が入賞した。優勝と準優勝ののりは2月上旬に皇室への献上が予定される。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る