電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 骨まで食べられる薫製「さんまくん」独自の工夫で人気土産品に

新聞記事

骨まで食べられる薫製「さんまくん」独自の工夫で人気土産品に

2016年01月18日

 気仙沼鹿折地区のマルトヨ食品(株)(電話0226・22・2058)は、サンマのみりん干しや開き、各魚種の一夜干しなどを作っている。 昭和26年、新聞に、「小名浜でサンマのみりん干しができた」という記事が出た。当時みりん干しといえばイワシが常識。しかしそのころ、棒受網が広まり、サンマの水揚げがまとまってきた。その記事を見た、当時失職中だった先代社長、中学2年生だった息子で現社長の清水徹二さんに、「これやっかと思う」と相談。徹二さんは「いいごって」と賛成した。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る