電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 日高漁業者の工夫/タコ箱入口を独自の形状に

新聞記事

日高漁業者の工夫/タコ箱入口を独自の形状に

2016年01月18日

 日高管内の様似や平宇地区では、タコ箱を工夫している漁業者も多い。タコ箱の入り口を部分的に切り落とし独自形状にすることで、箱内にたまった砂や泥をスムーズに除去、船上での作業効率の向上につなげている。 写真は、ある漁業者が使用するタコ箱。口の形状が異なる3つの箱を漁場によって使い分ける。写真上下の箱は従来のものをそのまま使用。工夫を施したのは写真中央で、写真下の箱の丸口部分を縦に切り落とし、口の形状を変えた。「数十年前からの工夫。この辺の浜では、タコ箱を同じように加工している漁業者が多いのでは」と話す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る