電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 毛ガニ高値推移 ロシア搬入減で道産に存在感

新聞記事

毛ガニ高値推移 ロシア搬入減で道産に存在感

2016年01月11日

 日ロ密漁・密輸防止協定発効によるカニの需給構造変化などの影響を受け、北海道産毛ガニの存在感が増している。特に昨年末の商戦では高値推移。ロシア産の減少で毛ガニ総体の玉不足に加え、ロシア産と同サイズの北海道産(4キロ入り9尾以上)が少なく、相場の下押し要因がなかった。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る