電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 27年北海道、連年の低来遊/22年単年級の不振影響

新聞記事

27年北海道、連年の低来遊/22年単年級の不振影響

2016年01月01日

 昨年(平成27年)も前年に続き3千万尾台半ばの低来遊にとどまった北海道の秋サケ。26年に4年魚、27年に5年魚として回帰した22年級の不振が要因。特にオホーツク、根室、えりも以東の道東が顕著だった。一方、23年級は4年魚までの回帰が近年平均以上の来遊数で、来期の漁獲回復に期待がかかる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る