電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > タコ空釣縄水揚順調、出足の遅れ挽回期待/釧路市東部漁協

新聞記事

タコ空釣縄水揚順調、出足の遅れ挽回期待/釧路市東部漁協

2015年11月30日

出足遅れも挽回に期待がかかるタコ(16日、桂恋浜漁港)

 釧路市東部漁協のタコ空釣縄は低気圧によるシケなどで水揚げ開始が遅れ。11月19日現在で昨年11月実績の4割にとどまっている。ただ、着業者は「漁況自体は昨年よりは順調」と話す。
 7隻が操業。昨年は10月で22トンを水揚げしたが、ことしはずれ込んで、11月に入って水揚げが始まった。数量は19日現在で49.7トン、金額は2260万円、キロ平均単価は455円。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る