電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城のホタテ 道産半成貝、入荷遅れ

新聞記事

宮城のホタテ 道産半成貝、入荷遅れ

2015年11月23日

 宮城県のホタテ養殖で、北海道産半成貝の入荷が遅れ気味だ。生産量の多い留萌管内で10月にシケが続き作業が遅れたためだが、県北部などでは搬入活発化が19日前後となって例年より20日近く遅れ、年内の注文量入荷に懸念が深まっている。大震災後に地種からのシフトで半成貝への依存度が上がっており、「死活問題」との深刻な受け止めもある。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る