電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城県漁協唐桑支所 防災対応無線を開局

新聞記事

宮城県漁協唐桑支所 防災対応無線を開局

2015年11月16日

唐桑支所2階の放送局

 宮城県漁協唐桑支所(畠山政則運営委員長)は2日、防災対応唐桑地域コミュニティー無線を開局した。大震災のときに有線放送が電源喪失で機能停止に陥った反省から、自家発電とバッテリー、専用受信機で緊急時の対応を図った。地域コミュニティーのための独自番組の製作にも力を入れ、好評だ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る