電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 「釧路ししゃも」新型裁割機が活躍

新聞記事

「釧路ししゃも」新型裁割機が活躍

2015年11月16日

導入した新型裁割機での作業

 釧路市東部漁協(北島千也組合長)は今季、シシャモの刺し身・すしネタ用フィレーの製造を本格化した。新型の裁割機を導入し加工体制を強化。今後フライ用の開きなど新商品の開発も進める。オスの付加価値対策と併せて加工品の幅を広げ、釧路市などとブランド化に取り組む「釧路ししゃも」(地域団体商標)の消費拡大、知名度アップを狙う。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る