電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > シケと天候不順に泣く  好繁茂ふい、悔しさにじむ

新聞記事

シケと天候不順に泣く  好繁茂ふい、悔しさにじむ

2015年09月21日

雲一つない好天に恵まれた中での天日干し(16日、冬島地区)

 日高中央漁協の今季採取は悪天候で苦戦。初出漁が解禁日から1カ月もずれ込んだ地区もあり、生産量は昨年を大きく下回る見通しだ。切り上げた着業者も多く「シケと天候不順に泣かされた」と口をそろえる。
 えりも漁協も今季はシケや天候不順で出漁日数が伸び悩んでいる。15日現在の全地区延べ操業日数は123日で、好調だった昨年同期を105日下回る。加えて、台風によるシケなどで抜けて流出。「数量的に昨年の半分にも届かない」という着業者も。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る