電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 親の生鮮流通が善戦 序盤 ダイイチ・札幌ブロック

新聞記事

親の生鮮流通が善戦 序盤 ダイイチ・札幌ブロック

2015年09月21日

善戦している生秋サケ売り場

 北海道の秋サケ定置は低水準ながら近年では好ペースで盛漁期を迎えた。浜値もオスが300円絡み、メスが700円台~600円台後半中心と堅調。帯広市を中心に道内22店舗を展開するスーパー・ダイイチ(本社・帯広市)の札幌圏の秋サケ商戦序盤は、生秋サケが健闘の一方、生すじこは価格高で伸び悩んでいる。下山正裕・商品第二部水産課(札幌ブロック担当)係長に聞いた。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る