電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > オホーツク活魚 さらに上行く生鮮流通

新聞記事

オホーツク活魚 さらに上行く生鮮流通

2015年09月14日

フレーク窒素氷で出荷した秋サケ(1日、札幌市場)

枝幸町の株式会社オホーツク活魚(藤本隆治社長)は今季の秋サケ商戦からフレーク窒素氷を使った生鮮の高鮮度出荷に乗り出している。細胞が凍る寸前のマイナス1~3度の氷温帯で保冷。船上で活じめした高品質そのままで消費地に届けている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る