電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 沿岸環境保全へ/アクリルタワシ普及、活動資金確保つなぐ

新聞記事

沿岸環境保全へ/アクリルタワシ普及、活動資金確保つなぐ

2015年08月31日

 古宇郡漁協神恵内地区女性部(蛯子智恵子部長)はことし、洗剤を使わず油汚れが落とせる「アクリルタワシ」=写真=の普及活動に乗り出した。仕事や家事の合間に製作し、村が運営する道の駅「オスコイ!かもえない」で販売。部の活動資金確保につなげていく。
 アクリルタワシの普及活動は、合成洗剤の使用削減による沿岸環境の保全を目的に、道内では厚岸漁協女性部が先陣を切った。同漁協女性部は2月に全道漁協女性部研修大会で、この研究結果を発表。神恵内地区女性部は「これなら私たちでもできる」と活動を開始した。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る