電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > サケ中国向け加工筋、経営難で買い慎重

新聞記事

サケ中国向け加工筋、経営難で買い慎重

2015年08月31日

 中国への原料輸出は今季、低調な荷動きが予想されている。欧米の販売不振、国内の景気減速などで中国の秋サケ加工業者は原料手当てに慎重。日本国内向けの供給増が見込まれる中、国内の鮭鱒相場も昨年より下方修正され、チリ銀などとの競合で売り場獲得の価格形成が焦点になる。
 中国の秋サケ加工業者は震災年の平成23年に鮭鱒全般の原料高と欧米の経済低迷でサケ製品の販売不振に陥り「サケ事業で貯めた10年分の利益を吐き出す欠損を出した」と輸出業者。「以降原料の買い付けが年を追うごとに慎重になっていった」と指摘する。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る