電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 秋サケ商戦展望 道漁連・重岡常務に聞く

新聞記事

秋サケ商戦展望 道漁連・重岡常務に聞く

2015年08月31日

 北海道の秋サケ定置が開幕した。今季の生産は引き続き、12万トンと低水準の予想。一方、消流環境は、繰越在庫の消化が順調に進んで漁期入り。ただ、中国の加工業者の経営難などが取り沙汰され、原料輸出に停滞感を抱えている。商戦の見通しや流通対策の重点について、道漁連の重岡德次代表理事常務に聞いた。(詳細は本紙にて)

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る