電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > オ海北部 空貝目立ち厳しい水揚げ/浜値高騰も今後に不安

新聞記事

オ海北部 空貝目立ち厳しい水揚げ/浜値高騰も今後に不安

2015年07月20日

今季下方修正されたホタテの水揚げ作業(14日、東浦漁港)

 オホーツク海北部地区のけた引漁は、空貝が目立つなど4単協とも厳しい水揚げを強いられている。今季は北部合計の当初計画12万7900トンから約4万トン減の8万9200トンに下方修正。歩留まりは徐々に上がっているが水揚量は低調で、浜値は200円台と高騰。着業者は今後の水揚げに不安を抱えながら操業している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る