電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 産卵、平年より20日早い

新聞記事

産卵、平年より20日早い

2015年04月13日

例年5月に投入する採苗器。ことしは早まる可能性も(7日、鬼鹿漁港)

 道北日本海の前浜で3月末から母貝の一部が産卵している。平年より20日ほど早い産卵開始で、年明け以降水温が高めに推移していることなどが要因とみられる。採苗器の投入時期も早まるかは不透明だが、稚貝出荷の進ちょくとの兼ね合いもあり、着業者は産卵状況、ラーバの出現など今後の動向を注視している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る