電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > シケ後、オカ側まとまる 渡島噴火湾スケソ刺網

新聞記事

シケ後、オカ側まとまる 渡島噴火湾スケソ刺網

2015年02月16日

水子主体になったスケソ(6日、鹿部港)

 渡島噴火湾のスケソ刺網漁は2月に入ってオカ側でまとまってきた。年明け以降、シケも絡んで低調な水揚げで推移していたが、着業者は「1カ月ずれ込んだのか。この時期としては珍しい」と指摘。渡島・胆振管内全体では1月27日時点でTAC消化率が65%にとどまっており、終盤の追い上げに期待がかかる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る