電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 製氷・冷蔵技術で鮮魚流通革命/小樽産ニシンなど首都圏で刺身提供

新聞記事

製氷・冷蔵技術で鮮魚流通革命/小樽産ニシンなど首都圏で刺身提供

2015年01月19日

「sea snow」を使った鮮度保持で刺身用に販売された小樽産ニシンやシマソイ

 冷凍・冷蔵装置製造販売の㈱MARS Company(群馬県高崎市、松井寿秀社長)は、独自の製氷・冷蔵技術による生鮮品の新たなコールドチェーンシステム「蔵番熟鮮市場」を構築、小樽港で水揚げされた鮮魚の高鮮度流通に取り組んでいる。首都圏の居酒屋に加え、(株)ダイエーが1日から千葉県市川市の店舗で実験販売を開始。7月にも販売事業の新会社を設立し、販路拡大と併せて北海道の提携出荷先を広げていく構えだ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る