電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 秋サケ > オ海中部 水揚げ高水準を維持

新聞記事

オ海中部 水揚げ高水準を維持

2013年11月25日

 北海道の秋サケ定置は16日で平成22年以来3年ぶりの12万トン台に乗せて終漁に向かっている。

近年好漁のオホーツク・中部地区(常呂~雄武)では記録的豊漁となった平成22年には及ばず、漁場間で明暗はあるものの、全体的には今季も高水準の水揚げを維持した。

※記事の詳細は週刊水産新聞紙面をご覧ください。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る