電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 南かやべ・尾札部青年部 札幌でPR、続けよう

新聞記事

南かやべ・尾札部青年部 札幌でPR、続けよう

2014年12月08日

 南かやべ漁協尾札部地区青年部(佐藤正紀部長)は、昨年から札幌駅前地下歩行空間で、尾札部産昆布の宣伝・販促活動を展開し、需要喚起と知名度向上に力を入れている。
 同地区は白口浜に位置し、献上昆布としても知られる高級銘柄を生産する。ただ、2年前の関西消費地視察で需要低迷を肌で感じた。佐藤部長は「昆布離れが進んでいることに加え、尾札部産の知名度も低かった」と危機感を抱き、「このままではいけない」と漁業者が先頭に立ちPRすることを決意した。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る