電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手・久慈 イカを活じめ出荷 ブランド化へ鮮度追求

新聞記事

岩手・久慈 イカを活じめ出荷 ブランド化へ鮮度追求

2014年10月27日

活じめは胴体を押さえ、胴体と内臓部の間にイカ活チャ器を挿し込む

 岩手県久慈市の久慈市場に水揚げするイカ釣船は17日、活じめスルメイカのテスト出荷を開始した。「イカ活チャ器」を使って沖で活じめし、発泡箱に「パウダースノー」を入れ10尾ずつ収容して高鮮度を追求、維持。漁獲量、金額が減る中、ブランド化でカバーを狙う。地元や首都圏で販売され好評を得た。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る