電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 大槌町 茎ワカメ加工場誘致-壮関と立地協定書に調印

新聞記事

大槌町 茎ワカメ加工場誘致-壮関と立地協定書に調印

2014年09月29日

立地協定調印を交わす碇川豊大槌町長(左)と関雅樹社長

 岩手県大槌町と㈱壮関(関雅樹社長、本社・栃木県矢板市)の工場立地などに関する協定書調印式が24日、同町役場で行われた。壮関の新工場は同町安渡地区に計画され、HACCP準拠で茎ワカメの加工製品を生産する。平成28年1月の稼働が予定される。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る