電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 伊達早出し200円 増大予想も堅調スタート

新聞記事

伊達早出し200円 増大予想も堅調スタート

2014年09月29日

 いぶり噴火湾漁協は24日、養殖ホタテ2年貝の9月下期値決めを行った。伊達地区の「早出し」はキロ200円で妥結。昨年初回と同額でスタートした。
 伊達地区のみで出荷量は6~7トン。歩留まりは生玉が15・7%、ボイル柱が14.1%。昨季より若干高い数値。アソートは生玉が5S・6S・4S、ボイルが5S・6S中心。
 同地区の早出しは毎年、生育状態が良く浜高傾向にあるが、今季は春先以降のへい死が少なく、各地区とも増産が予想される中での高値スタートとなった。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る