電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 大船渡名物へ「極上・宝鮎」シリーズ4商品開発

新聞記事

大船渡名物へ「極上・宝鮎」シリーズ4商品開発

2014年09月22日

重厚な箱に入れられた「宝鮎」シリーズの商品

 東日本大震災からの復興のサポートや水産関連の6次産業化支援に向けたさまざまな事業を展開している日本海洋資源開発株式会社(本社・岩手県盛岡市、中町匡志社長)は、岩手県大船渡産のアユを原材料とした新商品を開発した。「極上・宝鮎」のネーミングの4種のシリーズ。いずれも手作りにこだわった逸品だ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る