電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 羅臼のコンブ 天然が終盤へ 養殖は水揚げ終了

新聞記事

羅臼のコンブ 天然が終盤へ 養殖は水揚げ終了

2014年08月25日

天然の水揚げ(19日、松法漁港)

 羅臼漁協の天然コンブが終盤を迎えている。今季は上側(半島元側)・下側(半島先側)ともに繁茂。加えて操業も順調で、「低調だった昨年の倍以上採っている」と話す着業者も。組合全体では平年作(130~150トン)を上回る見通しだ。
 養殖コンブは盆ごろに終漁した。総体的に実入りが物足りなかったことに加え、流氷被害もあり、計画(110トン)を下回る見通しという。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る