電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 八雲町漁協 秋の作業から共同化

新聞記事

八雲町漁協 秋の作業から共同化

2014年08月11日

 八雲町漁協は、労働力が不足している養殖漁家の小規模経営体をグループ化し、共同作業で労働力を補う実証事業に入った。12経営体を3グループに再編して稚貝採取やザラボヤ駆除などを共同化。ことしから5年計画で2年貝から3年貝主体の生産体制にシフトし、作業の効率化、漁業収入の増大・安定化を目指す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る