電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手産養殖コンブ 入札移行、史上最高値に

新聞記事

岩手産養殖コンブ 入札移行、史上最高値に

2014年07月21日

初開催となった素干し昆布の入札

 岩手県産養殖素干しコンブの初入札が15日、宮古市の県漁連北部支所で開催された。重茂、田老町の両漁協が9155箱(1箱10キロ)を上場、主体の黒長切が両漁協産とも1万1000円を超え史上最高値となるなど、全品目が昨シーズンの相対販売価格を上回った。入札移行で競争原理が働いたとの見方がある。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る