電子版 電子版サンプル

HOME > 全件表示 > 一般向け > 小泊の「金漁丸」 エビかご鮮度 築地で高評価

新聞記事

小泊の「金漁丸」 エビかご鮮度 築地で高評価

2014年06月23日

活出荷のボタンエビ

 青森県日本海側、小泊漁協のエビかご船・第1金漁丸(川山百合子船主・長谷川由喜雄船頭、19㌧)は鮮度保持に工夫を重ね、東京・築地市場に直送し極めて高い評価を得ている。漁獲後に全て船上で選別し、ボタンエビとシマエビの活出荷では仕掛けを施した発泡箱に収容して活力を維持。ナンバンエビは鮮出荷し上氷を使う。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る