電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 北海道の秋サケ定置 MSC審査から撤退

新聞記事

北海道の秋サケ定置 MSC審査から撤退

2014年06月09日

 北海道の秋サケ定置網漁業は、水産エコラベル・MSC漁業認証の審査から撤退する。認証機関から指摘された合格の条件が増殖事業や漁業形態の転換を求められる状況で、先行して取り組んできた北見管内さけ・ます増殖事業協会が取得継続は困難と判断。道漁連などでつくる北海道秋鮭流通対策協議会は、同増協の協議結果を追認することを決めた。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る